熊本地震

jisin

気象庁は11日、熊本地震の地震回数(震度1以上)を精査した結果、10日現在で2137回としていた回数が約2倍の4081回だったと発表した。本震が起きた4月16日は1223回(修正前は202回)発生していたことが判明。観測点が増えているため単純比較はできないものの、1日の回数としては観測史上最多だった。

 気象庁は「大規模な地震では速報を重視して判定するため、複数の地震を一つの地震として発表することがある」と説明。数分間隔で地震が発生した時には、より小さな地震の詳細を速報することは難しいという。10日までに地震の波形を分析して震源地を特定し、震度計で観測した揺れと照合を進めた。

 今回明らかになった最大の地震は、4月15日午前0時6分に発生した熊本地方を震源とする最大震度5強。3分前に最大震度6強の地震があり、同じ地震に含めていた。

 地震の震度別回数は▽震度1 2434回(1401回増)▽震度2 1109回(418回増)▽震度3 399回(103回増)▽震度4 115回(18回増)▽震度5弱 12回(3回増)▽震度5強 5回(1回増)。

 震度6弱は3回、震度6強は2回、震度7は2回で、いずれも変更はなかった。

 増加分は4月に集中しており、1931回増の3024回に上った。5月以降は最大で1カ月あたり9回増となっている。

 これだけの修正幅は2011年の東日本大震災に次ぐ規模。同震災では12年1月に3~5月分を3604回増の5991回と発表した。

 気象庁は「国内では1年間の震度1以上の発生回数は約2千回が平均で、熊本地震の活動が非常に活発だったことが分かる。震源が浅く、熊本、阿蘇、大分と広い活動域だったことが要因だろう」と話している。